YOKOHAMA BAROCK KAMMERMUSIK ENSEMBLE since 1991

Vol.3 2006

バッハ
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
全6曲演奏会

ヴァイオリン 小笠原伸子

2006年9月14日(木)7時開演 横浜みなとみらいホール小ホール

プログラム
J.S.バッハ
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調
・・・・・・・・休憩・・・・・・・・
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番二短調
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調

プログラムに寄せて

 1年が廻るのは実に早いもので、今年も又9月になりました。

1昨年から、私の誕生日のころにバッハを弾くことに決めて、今年で3回目。
毎年新しいバッハ、新しい自分と出会うような気がします。

 プロテスタントだった祖母に、これ読んで、と手渡された聖書を通読したのが
中学1年の時、そしてバッハの無伴奏の曲をヴァイオリンのレッスンで親しみ
始めたのは、その1年位前だったと思います。それから約40年間ずっと親しみ
続けているのですから、随分長いお付き合いになりますが、未だに計り知れな
いことばかりです。

 私にとって、どの曲のどの楽章にも色々な思い出があるこの曲集が、実は
長い間ヴァイオリニストたちの日々の練習曲として筆写され伝えられたもので
ある事は、ある意味ではとても感動的なことです。

高校生のころ読んだパブロ・カザルスの本に、彼がバッハの組曲6曲を、
月曜日から土曜日まで1日1曲ずつ日課としてさらっていた、と書いてあった
のを読み、自分の楽譜の各曲に曜日を書き込んだのは遠い昔のことですが、
私も日常の中でいつもこの作品と触れていたいと思っています。

PAGETOP
Copyright © 横浜バロック室内合奏団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.