YOKOHAMA BAROCK KAMMERMUSIK ENSEMBLE since 1991

「4スタンス理論」廣戸聡一先生との出会いについて

4スタンス理論・・・廣戸先生との出会いについて

今はチェリストとして活躍する息子が芸大1年の夏休み明け、
原因不明の手の痛みで、チェロが全く弾けなくなりました。

チェロのレッスンに行けば先生に、[さらっていないじゃないか!!」
と怒られ、オーケストラの授業も室内楽の授業もまともに受けられず
苦しい日々をまる2年間過ごしました。

音楽学校に行っていながら、楽器が全く弾けないのですから
相当苦しかったはずですが
「どうしてもチェロをやめたくない」と、回った医者が30余り。
2年目に出会ったのが、廣戸先生でした。

道場で整体を受けながら先生が話して下さる体についてのお話が素晴らしく
何よりも、道場から帰ってくるたびに彼の音が歴然と変わるのには驚きました。
これは只者ではない、と直感し、毎回息子が教えていただいたことを
私も実践する事で、私自身も随分救われました。
長年の疑問が、解けて行くような時間でした。

それから何年かたって、私も直々に先生の門をたたかせていただき
今日にいたっています。
4スタンス理論ほ奥が深く、未だに驚きの連続です。
もっともっと勉強して、多くの方々にこの素晴らしい理論をお伝えしたいと想っております。

ヴァイオリン奏法について・・・・小笠原伸子

ヴァイオリン奏法の歴史は長く、私も色々な奏法を学びました。。
長年試行錯誤して出会った廣戸聡一先生の4スタンス理論により
人は体のタイプによって、全く違う動きをするものだ、と知り、
今も日々奏法を改革しています。
奏法が原因で、手や体を壊している方も多いと思いますが
何かお役に立てることがあれば、どうぞご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © 横浜バロック室内合奏団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.