YOKOHAMA BAROCK KAMMERMUSIK ENSEMBLE since 1991

プロフィール

プロフィール

小笠原伸子  ヴァイオリニスト

北海道赤平に生まれる。4歳よりヴァイオリンを始め、池田敏雄氏に手ほどきを受ける。
8~10歳にかけて朝日ジュニアオーケストラに在籍。10歳の時、NHK《ヴァイオリンのおけい
こ》に出演、江藤俊哉氏に師事。11歳より15歳まで桐朋学園《子供のための音楽教室》
に在籍、Dオーケストラに在籍。
東京藝術大学付属高校を経て、同大学、同大学院修了。在学中は故福元裕、故井上武雄
の両氏に師事。1977年78年イタリアのシエナ、アカデミアキジアーナのマスターコース
にて、サルバト-レ・アッカルドに師事、デイプロマ・ディ・メリトを得る。同地および
近郊で演奏活動を行う。
1979年より87年まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団に在籍し、コンサートマスター、
アシスタントコンサートマスターを歴任する。
独奏者としては、大学在学中よりリサイタルを定期的に開催、NHKFM出演。協奏曲の
ソリストとして、メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ブルッフ、ブラームス、及びサラサーテの
《チゴイネルワイゼン》などを、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京室内管弦楽団、
都留文化大学管弦楽団、神奈川青少年管弦楽団、横浜管弦楽団と協演。

2015年より三大協奏曲シリーズを開始、2016年6月第2回を神奈川県立音楽堂で開催。東京室内管弦楽団・横浜バロック室内合奏団との共演で指揮者なしの演奏会を行い好評を博す。

室内楽奏者としては、1981年横浜弦楽四重奏団を結成、第1ヴァイオリンを務める。
また、1991年に横浜バロック室内合奏団を結成し、コンサートマスターとして横浜を中心
に広く活動する。日本では数少ないイタリア派のヴァイオリニストとして、
イタリアバロックの作品の紹介を積極的に行っている。

2001年夏には、伊ウルビーノの古楽コース、エンリコ・ガッティのマスタークラスにて、
バロックヴァイオリン及び演奏様式を学ぶ。又、同2001年より、毎夏にイタリアのシエナを
はじめとするトスカーナ各地の音楽祭に出演、ピアニストの岡部由美子の共演による、
デュオ・リサイタルを数多く行い現在に至る。2016年8月フィレンツエのサンフィレンツエ教会にてバッハの無伴奏曲を3曲演奏し好評を博す。

2004年からバッハの無伴奏全曲演奏シリーズを開始し、
毎年9月に横浜みなとみらいホール小ホールにて
無伴奏曲全6曲のリサイタルを開催、今年の9月22日で13回目となる。

主宰する横浜バロック合奏団は地域の文化振興に貢献に対して
2006年「ヨコハマ遊大賞」を、2009年には横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞した。
2007年より横須賀FM:ブルー湘南78.5の音楽番組[バロック音楽の楽しみ」などの番組に制作協力している。

2005年より、身体理論「4スタンス理論」を廣戸聡一氏に師事。
2016年よりレッシュ・マスター級トレーナーとなる。

2014年12月東京室内管弦楽団コンサートマスターとしてロシアで演奏、
トムスク交響楽団、ノヴォシビルスク室内管弦楽団と協演。

現在東京室内管弦楽団コンサートマスターとしても活躍中

PAGETOP
Copyright © 横浜バロック室内合奏団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.